日本徐福協会会員名簿、会則

日本徐福協会会員(西から順)

  名称 代表者 都道府県 備考
特定非営利活動法人
佐賀県徐福会
大串達郎 佐賀県 事務局 廣橋時則
澤野 隆 (個人) 佐賀県  
八女徐福会 熊谷恒樹 福岡県 事務局 赤崎敏男
天山ふれあい会 大江和美 福岡県 事務局 井上元生
徐福さん振興会 亀山 勉 宮崎県 事務局 森憲一
石川幸子 (個人) 大阪府  
鳥居貞義 (個人) 大阪府 徐福友好塾
石倉昭重 (個人) 京都府  
山根朝子 (個人) 京都府  
10 益田宗児 (個人) 奈良県 奈良徐福研究会
11 一般財団法人 新宮徐福協会 山口泰郎 和歌山県 事務局 玉井祐貴
12 熊野市
(観光スポーツ交流課)
市長
河上敢二
三重県 担当 観光交流係 
   新谷早苗
13 逵 志保 (個人) 愛知県  
14 富士山徐福学会 早川 宏 山梨県  
15 (一社)神奈川県日中友好協会 神奈川徐福研究 田島孝子 神奈川県 事務局 伊藤健二
16 池上正治 (個人) 東京都  
17 壱岐一郎 (個人) 東京都  
18 笹本直樹 (個人) 東京都  
19 男鹿徐福顕彰会 山本次夫 秋田県  
20 柳澤良知 (個人) 青森県 小泊の歴史を語る会


 

 




会長    田島孝子  神奈川徐福研究会会長

事務局長  伊藤健二  神奈川徐福研究会

日本徐福協会会則

1 名称
本会は日本徐福協会(以下(本会)という)称する。

2 目的
本会は、日本、中国、韓国の徐福関連団体などが協力して徐福文化の発展、および、世界遺産登録をめざし、その活動を推進することを目的とする。

3 事業
本会は、この目的を達成するために必要な次の事業を行う。
①徐福の研究と顕彰活動
②日本・中国・韓国等各地の徐福会、研究会、研究者との交流活動
③徐福を通じての国内、国際文化交流活動
④徐福文化を通じた文化活動等への協力
⑤その他会の趣旨にそった活動

4 会員
本会の会員は本会の目的に賛同する団体会員及び個人会員をもって組織する。     

5 地域 
本会は、運営を円滑に行うため次の四地域により構成する。
①九州地域、②関西・中国・四国地域、③中部地域、④関東・東北地域より構成する

6 役員
本会に、次の役員、および、顧問を置く、任期は2年とし、再任は妨げない。
会長 1名 副会長3名 地域代表理事4名 運営委員8名以内、事務局長1名、会計1名 会計監査 1名 
会長は地域代表理事の互選により選出し、それ以外の代表理事は副会長となる。会長は、運営委員、事務局長、会計、会計監査を選任する。また、顧問は会長の推薦により選任する。なお、役員および顧問は総会で承認を受けなければならない。
  

7 会議
会議は、次の通りとし会長が召集する。
総会は、この会の最高決定機関とし(年1回)また、地域代表理事会(随時) 運営委員会(随時)。その他、総会及び会議などは、電子媒体その他の方法により開催することができる。

8 経費
本会の運営は、会費、寄付金及びその他の収入によってあてる
会費は年額  団体会員は構成員一人当たり200円とし、最低金額を5,000円とする。
個人会員 2,000円 とする

9 会計年度
  本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする

10 事務局
事務局は、会長の指定する場所とする

附則 
設立年月日 平成28年4月1日
この規約は平成28年4月1日より施行する。
この規約は平成29年4月1日より施行する。